「アフィリエイトではブランディングが大事だ」ということがよく言われます。

でも、ブランディングってどういう意味なのでしょうか?

よく聞く言葉なので、何となく漠然としたイメージはあるけれど、言葉で説明しろ、と言われると、意外に出てこないですよね。

今回は、ブランディングとは何ぞや、ということについて、私なりの見解を述べさせていただきたいと思います。

ブランディング=ブランド+ing

ブランディングという言葉は、言うまでもなく、「ブランド」という言葉から来ています。

今度は、「じゃあ、ブランドって何?」という話になります。

ブランド物、という言葉がありますよね。

グッチとか、シャネルとか。

メルセデス・ベンツなんかも、ブランドでしょう。

でも、ブランドは、そんな高級なものに限りません。

たとえば自動車で言うと、トヨタやホンダも、大衆車としての性能や安全性、コストパフォーマンスなどで、世界的に高い評価を受けているブランドと言えます。

ポテトチップスのカルビーだとか、
カップ麺の日清なども、ブランドです。

ソニーとか、アップルなども、ブランドです。

魚沼産のコシヒカリとか、大間のマグロ、
なんていうのも、ブランドです。

芸能人やアーティストも、その1人1人の名前が、
ブランドになっています。

これらの「ブランド」に共通する要素は、いったい何でしょうか?

「ブランド」の正体とは、いったい何でしょうか?

ブランドの正体とは

ここで、店に行ったと想像してみてください。

そのとき、陳列されている商品がすべて、どこ産とも、何社製とも書かれていなかったら、どうでしょうか。

きっとものすごく不安になると同時に、商品を選ぶことに困難を感じるようになるはずです。

なぜならば、その商品が「得体のしれない物」として映るようになるからです。

産地も加工業者名も書かれていない、魚介類や農産物。

メーカー名の伏せられた電子レンジ。

きっと、とても手を出しづらく感じるはずです。

人によっては、「得体が知れなくて、なんだか怖い」という感覚をおぼえるかもしれません。

つまり、ブランドとは、「その正体は何者なのか」ということを明らかにする、人間の顔のような役割を果たしているわけです。

「商品の出どころを明らかにする」というのが、ブランドの大きな役割なのです。

アフィリエイトにおけるブランディングとは?

人は、正体不明の、どんな人なのかも分からない人間を、信用したりはしません。

あなたはどのような人なのか、信用に値する人なのか。

それを確かめた上でなければ、あなたの読者、お客さんは、安心してあなたの話を聞くことはできません。

出どころ不明の情報を、簡単に信じる人などいません。

「誰から出た」情報なのか。

情報を受け取る側は、そのことを非常に重視するわけです。

それは、あなたが日常、いろんな物を購入するときに、「どこ産なのか、何社製なのか、どこの店なのか」を多かれ少なかれ参考にして意思決定しているのと、まったく同じことなのです。

そして、場合によっては、「どこ産なのか、何社製なのか、どこの店なのか」という「ブランド」こそが、決定的な要因になるわけです。

つまり、アフィリエイトにおいては、「情報という商品」の出どころである「あなた」という人間自身を、ブランド化しなければならないということです。

これがアフィリエイトにおける「ブランディング」の意味です。

さて、ブランディングがそういうものであるとすれば、ブランディングのためには、何が必要なのでしょうか?どう考え、何をすればいいのでしょうか?

こちらに続きます。

アフィリエイトのブランディングに必要な要素とは?

ぜろっくの無料講座