外国から輸入した食料品を売っているカルディ(KALDI)という店をご存知でしょうか?

私は昔海外に住んでいたことがあり、時々当地の食べ物が恋しくなるので、近所にある店舗によくお世話になっています。

今回は、ある日その店で遭遇した、さりげないマーケティング戦略の目撃談です。

マーケティングのターゲットは私でした笑

カルディで無料オファー?

ある日のこと、近所の行きつけのカルディの店舗で買い物をして、会計を済ませた後、レジ係のお姉さんが、

「これも入れときますね」

と言って、何やら丸いお菓子のようなものを、買い物袋に同封してくれました。その時は「オマケか何かだろうな」と特に何も思わずに、そのまま家に帰りました。

そして、家に帰って袋を開けてみると、どうやらチョコレートのようでした。

私はチョコレートは好きでしたが、特に食べたい気分でもなかったので、そのままテーブルの上に適当に放置することになりました。

それから数日後、何気なくその丸いチョコレートが気になって、食べてみました。すると、驚くほど美味しかったのです。

包装紙をよく見ると、私が海外に住んでいた時によく目にしていたチョコレートのメーカーのものでした。

(日本の食べ物には西洋と比べても美味しいものが多いのですが、乳製品とかチョコレートの類になると、経験上どうも西洋のメーカーの方に軍配が上がるようです)

いずれにせよ、妙に美味しかったので、次に行った時にあったら買おう、と心に決めました。

バックエンド

次にカルディに行き、お菓子のコーナーを物色すると、案の定、同じものが袋入りになって売っていました。

うずらの卵くらいの大きさのものが5個入りで500円くらいでした。

明治の板チョコなどに慣れていたため、率直に「ちょっと高いな…」と思ったのですが、その味が忘れられずに結局買うことにしました。

何しろ5個入りですから、すぐになくなります。

以後、リピートすることになりました。

もうかれこれ10袋以上は買っていると思います汗

つまり、100円のチョコレート1粒が、5000円以上の売り上げに貢献した、ということです。

しかも、この売り上げはこれから先も増え続けるでしょう笑

結局、たった1粒のチョコレートという無料オファーで、リピーターを獲得し、大きなバックエンド(無料オファーの後に控えている高めの商品)を売り込むことに成功した、ということになります。

カルディの「無料オファー→バックエンド戦略」の3つの要点

以上見てきたように、カルディは、私をターゲットにして、「無料オファー」を提供し、その価値を理解した私は、リピーターになり、結果、高額な「バックエンド」を購入することになりました。

(もちろん高額といっても、この場合は大した額ではないですが、比較の問題です)

このように、非常に些細なところでも、無料オファーだとか、フロントエンドだとか、バックエンドというマーケティング戦略は用いられていることが分かります。

さて、この無料オファーですが、この例を見ても、効果を発揮するには、次の3つの条件が必要であることが分かります。

1.無料であること。

このケースでは、1粒100円相当のチョコレートでしたが、これにたとえば10円でも値段をつけてしまうと、私は受け取らなかったでしょう。

街で配っているポケットティッシュも同じですね。1円でもお金を取ったら、だれも受け取らなくなるでしょう。

2.しかし、クオリティは有料級(有料版と同じ)であること。

無料で配るからと言って、クオリティを下げた粗悪品をオファーしても仕方ありません。むしろ「絶対買うもんか」と思われて、かえって逆効果になります。

3.もちろんバックエンドのクオリティも高くなければリピートはない。

逆に、無料オファー(フロントエンド)のクオリティは高いが、バックエンドが低品質というケースが(特に情報商材業界の場合)ままありますが、これもダメです。

上の例だと、もし製品版の方がまずかったりしたら、そのチョコレートどころか、そのメーカーやカルディそのものの信頼に関わり、長い目で見て大きな損失になることは目に見えています。

これら3つの条件がすべて揃ってはじめて「無料オファー」の威力が発揮されます。

無料オファーの他の例としては、無料のスマホアプリだとか、化粧品の無料サンプルだとか、いくらでも挙げることができます。

まとめ

今回取り上げた例は、ごく日常的な例でしたが、こんな些細な出来事一つ取っても、マーケティング戦略というものが、いかに強力で完成されたものであるかがうかがえますよね。

この無料オファーという方法は、アフィリエイトでも非常に有効なものです。

その威力を十二分に発揮するためには、まずは良い物を無償でひたすら発信していくという姿勢が大事です。

こういったマーケティング戦略を、自分のものとして使いこなせるようになるのが、アフィリエイトで成功する第一歩と言えます。

ちなみに今回取り上げたような、アフィリエイトにおいても王道のマーケティング手法を学ぶのに、最適の教材があります。

こちらです。

The Copyrighting Affiliate Program

ぜひ参考にしてみてください。

それでは。

ぜろっくの無料講座