情報商材業界では、詐欺的な情報商材ほどよく売れる、という現実が、残念ながらあります。

詐欺的な情報商材が売れる理由とは?

しかし、このようなやり方は、長い目で見て、優れたビジネス戦略とは言えません。なぜならば、このような売り方ではリピーターを獲得することができないからです。

なぜリピーターが大事なのでしょうか?なぜリピーターを獲得することが、詐欺的で高額な情報商材を売り抜くやり方よりも、なぜ優れたビジネス手法なのでしょうか?

今回はその理由について、述べさせていただきたいと思います。

ビジネスは一回限りでなく、長く続く

情報商材業界では、価値の無い低品質な商材を、高額で、言葉巧みに売りつけるというやり方が非常に多く見られます。

情報商材は、購入して中身を開けるまで、その値打ちは分かりませんから、巧みに消費者心理をくすぐる謳い文句で煽れば、どんなに粗悪なものでも売れてしまう、という側面があります。

この売り方は、情報商材の販売者に多い、一回限り売り抜くという場合であれば、残念ながら非常に有効な方法なのです。

なぜなら、事前に何のデータもない状態では、優良商材も粗悪商材も、中身ではなく、宣伝広告の謳い文句によってしか、その価値を推測できないからです。

しかも、言ってみれば「欲の深い」消費者が集う市場ですから、最初から「一回限り売って逃げる」というつもりでいる販売者にしてみれば、非常にくみしやすい業界なわけです。

しかし、そのような売り方は、ビジネスとは言えません。どちらかと言うと、泥棒に近いお金の手に入れ方ではないでしょうか。

私たちは、長く続けるビジネスをやらなければなりません。そちらの方が、長い目で見て、遥かに少ない労力で多くのリターンが得られるのです。

それを実現してくれるのが、「リピーター」という存在です。

リピーターの重要性

ビジネスは「一回売って終わり」ではなく、「リピーターを獲得すること」が非常に重要です。

リピーターをできるだけ多く獲得することが、長期的に見て、遥かに低コストで高リターンを得る戦略になります。

理由は大きく2つあります。

  • リピーターを多く獲得すると、新商材を売り出す際に、たいして宣伝しなくても彼らは買ってくれる。
  • それだけではなく、彼らが口コミという形で、言わば無償で強力な広告塔になってくれる。

つまり、リピーターを多く獲得すると、以降は新商材が出ても、あまり宣伝に力を入れなくても勝手に売れていく状態になるのです。

このような状態を、ネームバリューがある、ブランド力がある、と言います。

海外で「トヨタ」「ホンダ」と言うだけで、信頼され、売れまくるというのは、まさにこうやってブランドを築き上げてきたからです。

そして、それを可能にしたのは、小手先の謳い文句などではなく、その商品そのもののクオリティの高さです。

つまり、リピーターという存在、ひいては黙っていても売れるブランド力というものは、巧みなセールスレターなどでなく、優れた品質によってしか、獲得することができないのです。

つまり結論的に言うと、

  • 一発売りなら、低品質であっても、セールスだけに力を入れれば十分。
  • しかし、長く売り続けるなら、品質を高める努力が絶対に必要。

ということになります。

一般に、「品質を高める労力>>>>>>セールス力を磨く労力」ですから、一発売りをしたいなら、ひたすらセールス力だけを磨くことが近道になります。

(そしてこれが、情報商材業界にそういう売り方をする人間が多い理由でもあります)

しかし、商品力がなければ、そのような業者は延々と一発売りを繰り返すことになります。

最初は大変だけど、しっかり商品力を付けた上で売っていく方が、長い目で見ると、そのような一発売りの繰り返しよりも、楽に大きく売り上げを伸ばすことが出来ます。

リピーターや愛好者やファンと呼ばれる人たちが、頼まれなくても支えてくれるわけです。

つまりブランド力が付く、ということです。

このことを情報商材アフィリエイトに当てはめると、

優良な商材を見極める目を持ち、それを売っていくやり方のほうが、プロモーションなどで一瞬バカ売れする、粗悪な商材の一発売りを繰り返すやり方よりも、長い目で見ると楽に大きく稼ぐことが出来る。

という具合になります。

リピーターは大事だが、そもそもの話として

なので、優良商材を見抜く目を持つことが重要になりますが、ここで気をつけて欲しいのは、そもそも優良商材を長く売るというのは、リピーターありきの戦略です。

いちばん最初の顧客0の状態からリピーターを増やしていくのは、商品力と言うよりは、セールス力によるところが大きい、という理屈を思い出して下さい。

つまり、ゼロから始めて、リピーターを獲得し、長く稼ぎ続けるためには、

  1. 最初のとっかかりで、リピーター0の状態から消費者に訴えるセールス力
  2. リピーターが育ち、彼らの存在に支えられるための商品力

それぞれのフェーズで、結局どちらともが必要になる、ということです。

ですので、結論は、

  • 優良商材を見抜く目を持ち、良い物だけを売っていく姿勢
  • その品質を知る由もない消費者に、その価値を理解してもらい、購買に向かわせるセールス力

のいずれもが必要になる、ということです。

特に最初のうちはセールス力が必要になってきますが、これを身につけるには、コピーライティングスキルを磨くのが唯一の近道です。

アフィリエイトにおけるコピーライティングの教科書としては、こちらを特に推奨しています。

The Million Writing

もし興味があったら、レビューを載せていますので、ぜひご覧ください。

それでは。

ぜろっくの無料講座