ブログやメルマガの記事を書く時に、気を付けなければならないことはいくつもありますが、本質的な点は3つに絞られます。

今回は、その3つの鉄則と、その理由について、述べさせていただきたいと思います。

ブログ・メルマガ記事を書く際の3つの鉄則

ブログ・メルマガの記事は、自分の書きたいことや書けることを、ただ漠然と書いていてはいけません。

効果的な記事を書くためには、以下の3つの点に注意しなければなりません。

  1. 1つの記事を1つのテーマに絞る
  2. そのテーマに沿ったことだけを書く
  3. 目的を明確にして書く

それぞれ見ていきましょう。

1つの記事を1つのテーマに絞る

ブログ・メルマガ記事を書く時に、特に気をつけなければならないのは、
1記事に1つのテーマだけを書くということです。

ブログもメルマガも、読者は基本的に、その記事のタイトルを見て興味を持ち、アクセスしたり開封したりするわけです。

そこでタイトルと関係のないことが書かれていたら、すぐに興味を失って離脱してしまいます。

ブログにおいては、ページビュー数以外にも、読者の滞在時間というものが、検索エンジンのサイト評価に大きく関わっています。

いたずらに読者の反応を下げ、滞在時間を短くさせてしまうのは、ブログのSEOにとっても悪影響を及ぼすことになります。

メルマガについても同様で、読者の不興を買い、反応を下げたり、登録解除されるリスクが高まります。

その結果、最悪の場合は、メルマガスタンドからもスパム認定されてしまう可能性を高めてしまう恐れがあります。

そのテーマに沿ったことだけを書く

さらに、1記事の中に2つも3つもテーマを盛り込んでしまうと、読者が混乱してしまう可能性が高くなります。

一般に、記事の内容が盛りだくさんなのはよいことですが、それはあくまでも「1つのテーマ」に絞られている場合です。

1つのテーマについて、より多くの情報を与えることで、読者の理解を助けたり深めたりすることができるわけです。

一方、テーマ自体の数が多すぎると、読者は頭を切り替えて、ついていくのに精一杯で、情報を処理しきれなくなります。

そして、記憶や理解の歩留まりが悪くなり、結局は読者のためになりません。

目的を明確にして書く

それだけでなく、テーマが複数にわたると、記事の目的が不明瞭になり、目的を達成しづらくなります。

どの記事も、「集客」「教育」「販売」といった何らかの明確な目的を持つべきですが、テーマを複数にすると、書き手自身がその記事の目的を見失ってしまう可能性が高くなります。

もっと言うと、1記事に複数のテーマを盛り込んでしまっている時は、書き手自身、自分で記事の目的が分からないまま書き進めている可能性が高いです。

なので、もし、書いている記事のテーマがあちこちに飛び火しているようなら、一度冷静になって、「その記事の目的は何だったのか」を自身に問い直した方がよいでしょう。

まとめ

以上、1記事で複数のテーマを扱ってしまうのは、

  • 読者に興味のないことを扱ってしまう→読者の反応を下げる
  • 読者が情報を処理しきれない→読者の理解度を下げる
  • 記事の目的を見失う→記事の目的が達成されなくなる

と、読者にとっても書き手にとっても、デメリットになりやすいです。

なので、ブログでもメルマガでも、記事を書くときは、必ず

  • 1つの記事を1つのテーマに絞る
  • そのテーマに沿ったことだけを書く
  • 目的を明確にして書く

ことを心がけるべきです。

そうすることで、

  • そのテーマに興味のある読者だけに読んでもらえる
  • その読者にきちんと情報を理解してもらえる
  • 記事の目的を果たすことができる

ようになります。

ぜろっくの無料講座