アフィリエイトは、リスクが少ない、初期投資が少ない、在宅でできる、大きく稼げる、など、様々なメリットがあります。

まさに「いいとこずくめ」なビジネスのはずですが、実際に稼げるようになる人は非常に少ないです。

なぜそうなのか、その理由と、対処法・考え方について、自分の思うところを述べたいと思います。

稼げないアフィリエイトブログの特徴=「お金が欲しい!」

稼げていなさそうなブログ、言葉を換えると、「自分がその記事を読んでも買いたいと思わないし、多くの人がそうだろう」と思ってしまうブログには、一つの大きな特徴があります。

それは、「お金欲しさ」が前面に出てしまっている、ということです。

無意味にアフィリエイトリンクをベタベタ貼り付けてそちらに誘導しようとする。

その割に記事の質も量もイマイチで、いかにもやっつけ仕事で書いたような内容。

要は勉強していないのですね。

勉強せず、知識もない状態で、でもお金は欲しいから何か書く。

何か書いて、アフィリエイトリンクを貼る。

しかし、それを読んだ訪問者がリンクをクリックすることはありません。

なぜならば、その商材に対する十分な情報を、その人のサイトから得られていないからです。

情報が不十分なまま、小さくない額のお金を払おうとする人はいません。

物販アフィリエイトなら、アフィリエイターからの情報が少なくても、すでに商品そのものが有名だったりすれば、買ってもらえる場合も割とあります。

しかし、情報商材アフィリエイトでは、そうはいきません。

情報商材アフィリエイトでは、アフィリエイターからの情報提供が不十分な場合、買ってもらえることは「ほとんど全く」ありません。

しかもこの情報というのは、ちょっと聞きかじった程度、口コミ程度のレベルの内容ではダメです。

かなり本を読んで、実践もして、血肉となった知識や経験に基づくものでなければなりません。

そのような土台がなければ、説得力のある文章は書けないからです。

情報商材(に限りませんが)アフィリエイターは、「文章を書く」ことが極めて重要です。

と言うか、それが仕事です。

しかし、それ以上に、そのための普段の勉強や実践の努力という土台が重要になってきます。

でも、この土台を積み上げていくことをすっ飛ばして、お金だけ先にもらおう、という発想でアフィリエイトを始める人が実に多いです。

そういう人がブログ記事を書くと、お金欲しさが前面に出た文章・記事構成が出来上がってしまいます。

「ラクして儲けたい」という意識が問題なわけですね。

この意識は、聞かされる分には、多くの人が「そんなのありえないよ。自分はそんなことはしないよ」と思うものです。

しかし、実際に自分でやると、無意識のうちにやってしまいがちなものなのです。

「ラクして儲けたい」臭丸出しの記事を量産している人も、本人は「訪問者のためにオレは書いている」なんて表面上は思っているかもしれません。

でも、根底に「ラクして儲けたい」意識が巣食っているから、表面上にどれだけ訪問者のことを意識して書いているつもりでも、その根底の意識が文章に出てしまうわけです。

そしてこれは、特に「がめつい」「強欲な」人でなくても、アフィリエイトを始めた大抵の人に当てはまってしまうのです。

アフィリエイトをやろうと考えている時点で、どこかで「比較的少ない労力で、でも大きく稼ぎたい」という願望がある場合が多いですからね。

ですので、そのような「ラクして儲けたい」意識を根底から払拭した上で、作業をしていかなければなりません。

どうすればよいのでしょうか?

アフィリエイトは後払い

まず、アフィリエイトは、「ラクして儲かる」ものではない、ということを肝に銘じることです。

とにかくお金だけ欲しい、というのは論外です。

さすがにそういう人は少ないと思いますが、「あなたがお金を払ってくれれば、私もサービスを提供しますよ」という考え方を無意識にしている人は多いです。

要するに「前払いで払え」という意識です。

これもやはりダメなのです。

持つべき基本的な意識は「後払い」です。

しかも、飲食店のような、「サービスに対して確実に払われる後払い」ではありません。

基本は無償の提供です。

それを受け取った人の中に、その対価を払ってくれる人もごく一部にいる。

そのくらいの意識でアフィリエイト活動をするのがよいと思います。

確かに情報商材というものは、基本的には前払いです。

先にクレジットカードで決済して、はじめてダウンロードできますからね。

しかしそれは単なる形式だけのことです。

実質としては、多くの人が、「アフィリエイターの提供してくれた情報サービス」に対する対価、という意識で購入ボタンを押しているはずです。

あなたもそうではないでしょうか?

少なくとも私はそうです。

「このアフィリエイターは努力してこれだけの知識や経験を身に付けて、しかもそれを無償で惜しみなく提供してくれた。大いに勉強になった。そしてこのアフィリエイターの言うことは信用できる。今後もこの人から学び続けたい」

そう思えたアフィリエイターからでなければ、彼または彼女から商材を購入しようとまでは思わないはずです。

ですから、情報商材とは、本質的に「後払いサービス」なのです。

しかも、多くの場合、その対価は「0円」で済まされてしまうのです。

それでもアフィリエイトをやるのか?

でも、この話を聞いて、「それだったら、本当に完全に無償の作業になってしまったらどうするんだ?」と思うかもしれません。

しかし、そう思った時点で、その考え方がすでにアフィリエイト(少なくとも情報商材アフィリエイト)には向かないものと言えます。

この疑問に対する答えは「はい、本当に完全に無償になる場合も多いですよ」というものです。

それが真実です。

でも、一方で、100人中99人のユーザーに無償で提供しても、残りの1人の人が「お金を払ってもいい」と思ってくれたりするものなのです。

あなたや私が、他のアフィリエイターから何か商材を買う。

そのとき、私たち購入者は、そのアフィリエイターにとって、100人のうちの1人になっているわけです。

でも、購入の際にそんなこと考えないですよね。

「このアフィリエイターさんから、ぜひ購入しよう」

純粋にそういう意識になっているはずです。

そういう1%の人たちによって支えられているのが、情報商材アフィリエイトなのです。

そして、そういう人に向けてこそ自分は情報を発信しているのだ、と思えば、「虚しい」とか「めんどくさい」とか「報われない徒労」といったネガティブな後ろ向きな意識は払拭できます。

あなたの記事を読む人は、ほとんどの場合、一人で読んでいるはずです。

1000アクセスあったとしても、その訪問者にとって、あなたと彼または彼女とは、一対一で向き合っています。

その一人の人に向けて書く。

そういう意識を持つことを普段から心がければ、上のようなネガティブで後ろ向きな意識を押しやることができるはずです。

あなたが近所を歩いている時、よそから来た人から道を聞かれたら、親切に教えると思います。

わざわざその場所まで連れて行ったりもするかもしれません。

私たちは、不特定多数を相手にしていると思えば、どうしても荷が重いとか面倒だと感じがちです。

でも、今向き合っている一人の人間に対しては、大抵の人は親切心が起きるし、行動もできるものなんですね。

ですから、「顔の見えない不特定多数に向けて書く」のではなく、

「今目の前にいる、悩みや疑問を持っている人に助け舟を出す」

くらいの意識で記事を書いていけばよいわけです。

道を聞いてきた人に「情報料100円よこせ」なんて言いませんよね。

純粋な厚意によるもののはずです。

そういう意識でアフィリエイト活動・情報発信をしていきましょう、ということです。

もし「作業はしているけれど、全然成約しない」という悩みがあるのであれば、こういう考え方にヒントがあるかもしれませんよ。

PS

とは言え、その「100人のうちの1人」に支えられなければ成り立たないのもまた、アフィリエイトの真実です。

単純に役立つ情報を発信していけば、それだけで100人に1人の人が現れて、お金を払ってくれる、という純粋に無邪気なものでもないです。

100人の中からそういう人ができるだけ多く現れてくれる、そのためのノウハウやスキルを身に付け、仕組みを考える必要があります。

近所の親切なお兄さん・お姉さんに収まるのではなく、ビジネスとしてすることですからね。

私のブログでは、そのようなノウハウや仕組みについての情報を発信していますので、よろしかったら他の記事も参考にしてください。

また、必要なノウハウ・スキルや仕組みを学べる、超おすすめの教材がありますので、興味があったら下の「推奨情報商材一覧」からレビュー記事も覗いてみてください。

ぜろっくの無料講座