さて、以前の記事で、情報商材アフィリエイトがいちばん大きく稼げるというお話をしました。

トレンド・物販・情報商材アフィリエイト比較。稼げる?稼げない?

今回は、その理由についてお伝えしたいと思います。

情報商材アフィリエイトが大きく稼げる理由

アフィリエイトでは、商品が1個売れるごとの報酬は

商品の価格×アフィリエイト報酬率

で計算されます。

たとえば、報酬率10%で、価格が3000円の物が売れれば、

3000×0.1=300円

がアフィリエイト報酬になります。

ということは、

  1. 商品の単価が高い
  2. アフィリエイト報酬率が高い

という条件をどちらとも満たせば、それは報酬額の大きい「儲かる」商品ということになります。

そして、情報商材こそが、この2つの条件を満たすアフィリエイト商品なのです。

物販アフィリエイトではこうは行きません。

物販では、単価が高い商品であっても、一般に報酬率が低いため(数%程度)、金額的にはそれほど大きくなりません。

以前も取り上げましたが、例えばアマゾンでは、書籍の報酬率はわずか3%なので、定価1,000円の本が1冊売れたときの報酬額は、

1000×0.03=30円

です。

100冊売って、やっと3,000円です。

他の商品ジャンルでも、最高で8%ほどの報酬率です。

物販では大きく稼ぐのが難しいことが分かると思います。

一方、情報商材の単価は、安くて数千円、平均的には1万~3万円、高いものだと数十万円~といった具合に、かなり高めです。

さらに、報酬率も、50~90%くらいと、非常に高く設定されています。

この報酬率は破格です。

たとえば、単価1万円、報酬率60%の情報商材を1本売ったときの報酬は、6,000円です。

上のアマゾンの1,000円の本なら、200冊売って、ようやく得られる報酬です。

・10,000円の商品を1個売る
・1,000円の商品を200個売る

どちらが簡単かと言うと、間違いなく前者です。

これが、情報商材アフィリエイトが稼ぎやすい理由です。

この例だと、1日1本売れるだけで、
月に18万円を稼げる計算になります。

1日10本売ることができれば、
月収180万円になります。

そして、それは努力次第でいくらでも可能なわけです。

なので、アフィリエイトをするなら、
情報商材を扱わない理由はないと思います。

まとめ

情報商材アフィリエイトが稼げる理由は、

単価が高い(1~3万円くらいが相場)
報酬率が高い(50~90%くらい)

から。

そのため、1本売れただけでも、大きな収益を上げることが出来る、ということでした。

さて、情報商材アフィリエイトの手法はいくつかあります。

その中でも、いちばん安定的に、大きく稼ぐことができるのは、ブログとメルマガを組み合わせたものです。

これはブログ・メルマガアフィリエイトと呼ばれています。

次回は、そのブログ・メルマガアフィリエイトについて、紹介したいと思います。

>>ブログ・メルマガアフィリエイトとは?

ぜろっくの無料講座