このブログでは、主に情報商材アフィリエイトについての情報発信を行っています。

トレンドや物販アフィリエイトに比べると、扱っている商品が高価で、報酬単価が高く、DRMにより収入も安定しやすいという利点があります。

また、成約率も、コピーライティングスキルを鍛えることで、何倍にも高めることが可能です。

そのため、情報商材アフィリエイトは、上のトレンドや物販に比べて、格段に大きく稼ぐことができます。

実際、大多数の月収数百万円レベルのアフィリエイターは、情報商材を扱っています。

情報商材アフィリエイトはなぜ報酬単価が高いのか?

では、そもそも、なぜ情報商材は高価なものが多いのでしょうか?

これが今回のテーマです。

アフィリエイト情報商材はなぜ高いのか?

情報商材は、平均すると1万円~3万円のものが多いようです。

安くても数千円、高いものだと数十万円~します。

これについては、いくつか理由が考えられます。

  • メインとなる教材以外に、サポートなどが付いているから。
  • 作成するのにかかる労力やコストが大きいから。
  • 市場が小さく、少ししか売れないから。

しかし、何と言っても、

「販売者が自由に価格を設定してもよいから」

というのが最大の理由だと思います。

せっかく精魂込めて作り上げた教材だから、安売りはしたくない、という気持ちは強いでしょう。

また、安いより高い方が単純に利益が大きい、ということがあります。

しかし、ここで疑問が起きます。

それなら、相場よりもうんと安く設定したら、
独占的に儲かるのではないか?

確かに、数万円が相場の市場で、数千円の商材を売れば、その安さだけでも大きな注目を集め、爆発的に売れそうな気がします。

そして、他のインフォプレナーたちが、次々とそれに追随すれば、ついには市場の価格破壊が起き、やがて情報商材市場の相場は現在の十分の一、数千円くらいに収束していきそうな気もします。

実は、その兆しがなくもありません。

しかし現時点では、少なくとも「稼ぐ系」に関しては、そんな安い商材はごくまれです。

つまり、いまだに数万円~、数十万円~という値段がついているのが普通です。

なぜこんなに高い価格で市場が安定しているのでしょうか?

端的な答えとしては、

「その値段でも、普通に売れていくから」

です。

先ほど言ったように、3,000円にすれば確かに売れるでしょうが、別に3万円にしたって、普通に売れていくわけです。

さすがに数十万円クラスになると、そんなにバカバカ売れていくことはないですけどね。

なので、売る方としても、

「この値段で売れるんだったら、別に安売りすることもないよね」

となるのは当然です。

実際、こんな話があったそうです。

あるインフォプレナーが、もっと売り上げを伸ばしたいと思い、あることをしました。

すると、一瞬で売り上げが2倍になりました。

何をしたのか?

答えは、「価格を2倍にした」です。

他には何もしていません。

価格を2倍にしたら、売り上げが2倍になった。

つまり、値上げしても、販売数は落ちなかった、ということです。

情報商材はアート作品?

このように、情報商材には、普通の商品みたいに、

「安くすればたくさん売れる、高くすれば売れにくくなる」

という法則が必ずしも成り立ちません。

理由は簡単で、「他に比較できるものがない」からです。

同じようなものであれば、単純に値段を比較して、安い方を選べばよいです。

しかし、情報商材の場合、買うまで中身が分からないので、そういった比較ができません。

また、たとえ比較ができたとしても、販売者の個性が非常に色濃く反映されるため、「唯一無二」の商品になりやすい、という特質があります。

いわば、「アート」に近い性質があるわけです。

そのため、この市場では、「値段があってないようなもの」になっているわけです。

アートと同じで、有名な作成者によるものであれば、それだけで高値でも飛ぶように売れていく、という現象が普通に起きます。

ですから、ある程度のブランディングができている販売者は、商材の中身はわりと凡庸でも、平気で高い値段をつけたりします。

それでも売れまくるわけです。

情報商材はアート作品ではない

しかし、それで終わり、ではありません。

情報商材は、確かにそういう意味で、アートに似ているところがあります。

しかし、アートと決定的に違うのは、
「満足が保証されていない」ということです。

アート作品なら、手に入れた時点で、満足が確定します。

「いいなあ」と思った作品だから、手に入れたわけですからね。

でも、情報商材は、教材自体を手に入れるだけではダメですよね。

それを実践して結果を出して、望む状態(収入、体重、容姿、恋人など)を手に入れて初めて満足できるわけです。

今までの情報商材市場は、値段の付き方に、そういった「アート的」なブランディングに左右される傾向が強すぎたきらいがあります。

つまり、商材の再現性や効果ではなく、単に販売者のブランドだけで値段が付いているという傾向です。

しかし、アフィリエイトという言葉がどんどん一般化するにつれ、消費者もどんどん賢くなってきています。

そのため、このようなアーティスト気取りのブランディングだけにかまけたような売り方は、将来的には通用しなくなってくるはずです。

ノウハウというものは、その先に必ず「実践と結果」を伴います。

実践と結果をなおざりにして、「ノウハウのパッケージ」だけをブランディングで飾り立てて高値で売りつける、という今の情報商材市場のあり方は、じきに廃れていきます。

なので、あなた自身が情報商材アフィリエイトを行う際には、必ず「実践と結果」が伴っている教材を扱わなければなりません。

また、情報商材市場がそのような流れにあるならば、現在のような「値段があってないようなもの」という状態が改善され、中身相応の値段が付くようになっていく、とも考えられます。

個人的には、「稼ぐ系」の情報商材は、よほど手厚いサポートでもない限りは、高くてもせいぜい1万円台が妥当だと思っています。

結局、教材を入手しただけで成果が出るわけではなく、本人の努力が必要になるわけですからね。

そう言う意味では、私が推奨する教材のThe Million Writing(ミリオンライティング)は、価格、内容ともに、将来の情報市場のありようを先取りしているとも言えます。

The Million Writingレビュー

最初見たときは、「安っ!」と思いましたし、
今でも思っています。

情報商材市場では「非常識」な安さだと思います。

他には、The Copyrighting Affiliate Program(コピーライティングアフィリエイトプログラム)も、そのサポートの手厚さを考えると、破格だと思います。

The Copyrighting Affiliate Programレビュー

ですが、むしろこのくらいの価格が本当の意味で「常識的」なのではないかな、と思います。

まとめ

さて、今回は、なぜ情報商材には高価なものが多いのか、という問いから始まりましたが、その理由や、今後の展開としては、

  • 情報商材は「値段があってないようなものだから」
  • なぜなら、価格の決まり方が「アート作品」に近い、つまり販売者のブランディングに大きく左右されるから
  • しかし、アート作品と違って、情報商材は、買っただけでは満足は保証されない
  • 情報商材は、実践して、結果が出て、初めて満足が得られるもの
  • そのため、現在の相場(数万円)は、適正でない可能性が高い。
  • 将来的には、消費者もどんどん賢くなっていき、現在のようなブランディング先行の売り方は通用しなくなってくるだろう
  • そして、将来的には価格も数千円~1万円前後が普通になっていくであろう

ということが言えそうだ、という話でした。

ぜろっくの無料講座